読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1156262
0
続・ビジネス金言集 劣等感をバネにして
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
新手一生

『続・ビジネス金言集 劣等感をバネにして』
[著]扇谷正造 [発行]PHP研究所


読了目安時間:11分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


       1


 将棋の升田幸三九段の造語である。「しんて・いっしょう」とよむのか「あらて・いっしょう」とよむのか知らない。語呂がいいので、私は「しんて・いっしょう」とよんでいる。いうところの意味は、一局ごとに新手を発見開拓して行くということである。

 升田将棋はよく“創作将棋”といわれる。将棋は、きびしい勝負の世界だ。勝つにこしたことはないが、問題はその勝ち方で、ポカ(敵失)による勝利では意味がない。堂々と勝って、しかも、その棋譜が後世に残るような名棋譜でありたい。升田九段は、いつもそれを狙っているというのである。氏の将棋が創作とか芸術といわれるのは、そのせいである。

 しかし、それは、何も将棋だけではない。芸能に関することはすべてそうで、文学、絵画、音楽、能すべて、そこには創造ということに賭けられている。そのためには、たえず自己革新――脱皮が行われねばならない。考えてみると、そういう仕事を選んだ人は、ある意味では“(ごう)”を背負った人ということができる。しかし、その結果として、人類に、素晴らしい遺産を残してくれている。

 たとえば詰将棋である。その中に雪隠づめというのがある。玉を盤の隅でつめる。あるいは5五の目=将棋盤のドまん中に追いこめつめて行くのもある。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4736文字/本文:5274文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次