読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1156467
0
恋ができるコできないコ
2
0
30
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
2 「意外性」が男ゴコロを夢中にさせる

『恋ができるコできないコ』
[著]野浪まこと [発行]すばる舎


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
30
| |
文字サイズ

●いかにも〈できる女〉が、実は気さくだったり


 すべからく男って生き物は、女性の「意外性」に弱い。


 高学歴のいかにも〈できる女〉が、意外に気さくで冗談も通じるタイプだったっていうだけで、それまでの苦手意識が吹き飛んで好印象を抱いたりする。


 いかにもハデな外見で散々遊んでそうなのに、これも意外に身持ちがかたかったり料理上手だったりすると、ググッとくる。


 また、いっつもパンツしかはかない女の子が、突然スカート姿で(それもちょっと短めの)現れたりしたら、無条件におおっ!! と引き寄せられたりするわけだ。


 普段の姿とのギャップを感じると、男はその女性を、3割り増しぐらいで見ちゃうところがあるんだよな。


 名づけるとしたら、ほら昔のマンガでよくあったパターン。


 〈メガネをはずしたら意外に素顔がかわいかった、の法則〉


 というのはどうだろう。


 いや、いま突然思いついて、どうしても書きたくなったので書いてみた。


 ちょびっと違うような気がしないでもないが、大筋では合ってるはずなので勘弁してくれ。


 こういう、意外性が男って大好きなのだ。


 メガネをはずしたら素顔がかわいいのであれば、最初っからメガネはずしとけばいいのに……というもんではないのだ。


 そりゃ素顔が絶世の美女というならたしかにそうなのだが、普通はそこまでの美女じゃない。


 だからこそメガネが生きてくる。

●普段の姿とのギャップに一気に点が上がる


 美しさを数値化することなんてできないのを承知で、便宜的にあえてやってしまうが、仮にあなたの素顔の美しさが「80点」だったとしよう。


 いいセンいってる。


 だが、それだけじゃ80点どまりだ。それどころか、そのうち男は慣れてきて、70点、60点ぐらいの魅力しか感じなくなるかもしれない。


 これが普段はメガネをかけていたとするとどうだろう。美しさポイントはちょっと下がって60点ぐらいになるのだろうか。


 そこでメガネをはずす。本来の80点の素顔がさらされる。20点一挙にアップ。


 ……ではないのだ。


 もっと上がる。


 30点も40点も上がる。


 実質的には60点→80点の変化でしかないのに、それが突然であるために、男の冷静な判断力が一瞬マヒして、感覚的には、60点→100点ぐらいの大変化が起こったように感じてしまう。

●「違う一面」をチラ見せしてドキッとさせよう


 錯覚と言えばそれまでだが、80点のものが100点であるかのように見えてしまっているのだ。


 フツーに受け答えしているだけでも〈気さくな女性〉に見え、フツーに料理ができる程度の腕前でも〈すごく料理上手〉と感じ、とくに足が細いわけでもないけど〈とてもセクシーなライン〉に見えたりするわけだな。


 言うまでもないが、意外に○○なんだね、の○○の部分には、一般的に男ウケする要素が入らなきゃいけないのは大前提だ。


 家庭的に見えて意外にハデに遊んでたんだね、じゃ逆効果になるのである。


 まぁメガネやらパンツやらのファッション的なものは、最近男の嗜好も多岐にわたりマニアックになっているので、逆のほうがうまくいっちゃう場合もあるにはあるようだが(おたくの言う『メガネっ娘萌え~』とか)、ま、そのあたりはケースバイケースで。


 とりあえず男は女性の意外性に弱い。ギャップが大好きだ。


 つまり意外性を持った女性は、言葉は悪いが「自分を高く売る」ことができる。


 そうむずかしいことじゃない。


 どうせならこんな男の習性、利用しなきゃソンでしょ。


 詐欺的でもなんでも。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
30
残り:0文字/本文:1445文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次