読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1156734
0
超老人のすすめ
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
智恵の伝承者

『超老人のすすめ』
[著]広瀬立成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 現在では、六五歳以上を高齢者とよんでいる。老人とはよばないで、あえて高齢者という表現をとっているのは、老人というと、いかにも人生の終末に向かって衰退していく年寄りというマイナスの響きがあるかららしい。だが、本来、老人とは単に年齢が高いというだけではなく、尊敬されるべき人間という意味が込められていた。たしかに、戦前までの伝統社会では三世代同居がふつうであり、老人は生活の智恵の伝承者として、ほかの者では肩代わりすることができない役割を担っていた。ところが、戦後の資本主義社会の発展とともに、それまでの老人像は大きく変わることになった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1755文字/本文:2023文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次