読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1156744
0
超老人のすすめ
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
超老人の調和生活

『超老人のすすめ』
[著]広瀬立成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 動物は体内時計をもっている。たとえば、ネズミやゴキブリのような夜行性の動物は、真っ暗な場所で飼っても体内時計で時刻を知り、日没とともに行動を始める。一番鶏(いちばんどり)が夜明けを待たずに時を告げるのも体内時計の働きによる。

 動物に体内時計が備わったのは、長い進化の歴史において、動物が太陽とともに生活することの利点を取り入れたからだ。体内時計は単細胞動物にもあることが知られており、それが細胞レベルのもっとも基本的な働きであることがわかっている。人間の体内時計は、脳の視床下部にある器官がつかさどっている。

 内臓は、体内時計にしたがって一日の間にその働きを変える。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1566文字/本文:1850文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次