読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1156761
0
超老人のすすめ
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
タンパク質の質が問題

『超老人のすすめ』
[著]広瀬立成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 タンパク質は英語でプロテインとよぶが、その語源はギリシャ語のプロティオスに由来する。それは「第一人者、もっとも重要なもの」という意味をもつ。

 タンパク質は多数のアミノ酸からなり、分子量の大きい高分子物質である。たとえば、水の分子は、エッチ・ツー・オー()とよぶように、水素原子二個と酸素原子一個からなり、その分子量は一八。これに比べてタンパク質の分子量は、糖尿病ホルモンで知られているインシュリンで六〇〇〇(生体内では重合して二万から四万ぐらいになる)であるが、タコやイカの酸素運搬を行うヘモシアニンは二八〇万という巨大分子量をもつ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1917文字/本文:2185文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次