読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1156762
0
超老人のすすめ
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
カルシウムに注目を

『超老人のすすめ』
[著]広瀬立成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 必須アミノ酸が不足すると、体組織の新生や更新が止まる。若さを失い老化が進む。さらに、脂肪が肝臓に付いて脂肪肝が発生するが、これはあとあと肝硬変とか動脈硬化などを引き起こす原因になる。子供でも、植物性の低タンパク食で育てられると、このような危険な症状が現れる。最近では、育ち盛りの中学生や高校生にも脂肪肝が見られるという。

 肉は優れたタンパク質源だ。野性の活力を養うために、超老人は肉を食べなければならない。ただし問題は、肉には脂肪が抱き合わせになっていることである。

 前に触れた『アミノ酸で一〇歳若返る』のデータによれば、ヒレ肉(プロテインスコアが八〇)一〇〇グラムにはタンパク質一九・一グラムが含まれる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1487文字/本文:1791文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次