読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1156771
0
超老人のすすめ
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
旺盛な知的好奇心

『超老人のすすめ』
[著]広瀬立成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 これまでわれわれは、「人間は知性をもった動物である」といいながら、自らが万物の霊長であることを誇らしげに主張してきた。とくに、ギリシャ時代から近代に至るまで、西洋の哲学者たちは、知性という名のもとに人間を特別な存在として位置づけ、自然を支配してきた。アリストテレスも、プラトンも、デカルトも。

 ここで超老人は、このような知性優先の発想に「待った」をかける。なるほど、知性は人間がもつ特質であることに異存はない。だが、知性は頭脳の働きであるから、それを支えるからだなしには存在しえないことをしっかり認識すべきだ。

 知性がからだを離れひとり歩きしたとき、それがいかに危険なものになるかは、知性の勝利ともいうべき科学技術の発達が、人間社会に対して、そして自然に対して、多くの破壊的行為を繰り返してきたことを見ればよくわかる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1339文字/本文:1699文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次