読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1156778
0
超老人のすすめ
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
印象派の画家たち

『超老人のすすめ』
[著]広瀬立成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 パネルには、印象派の画家たちが工夫を重ねながら、どのようにして自然の輝きを表現するための技法を発展させていったかが、色彩論的な観点から詳しく説明されていた。モネは、一八六三年に発表されたマネ(一八三二〜一八八三年)の「草上の昼食」(写真14)から一つの啓示を受けたようだ。着衣の男性二人と森の中でピクニックを楽しんでいる全裸の女性の輝きは何だろう。ある色がその隣に置かれている色の違いによって効果を変える――マネの絵画の謎に思い当たったモネは、一八六三年、二二歳のときに、マネと同じ主題の絵を描くことを決意しフォンテンブローの森に入った。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1614文字/本文:1884文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次