読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1156782
0
超老人のすすめ
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
晴れの舞台へ

『超老人のすすめ』
[著]広瀬立成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 第一回目の練習が始まった。長い三味線の導入部があり、長唄が始まる。「こと〜しよ〜り、ひとに〜むこう〜る、はる〜ごと〜に〜(今年より人に迎うる春ごとに)」という初めの一段落の振りをまず覚える。ここで、姿勢、脚の運び、首の位置について徹底した指導を受けた。

 動作の多くは、学生時代に熱中した空手の型によく似ていた。そんなせいか、からだの動きにはまったく違和感がなかった。「なかなかたち(質)がいいですね」という師匠の言葉にすっかり気をよくして、練習にますます力が入った。早朝、イヌと散歩するとき、野原の片隅で長唄を口ずさみながら、短い木の枝を扇子に見立てて振りの復習をした。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1847文字/本文:2133文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次