読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1156794
0
超老人のすすめ
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
原子はどこからやってきたか

『超老人のすすめ』
[著]広瀬立成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 生命の発生は地球だけに原因があるのではない。地球のまわりには、地球の四分の一という大きな月が回っている。月はその重力によって潮の干満を引き起こすが、それはまた干潟のような多様な生物のすみかを作る。地球上で植物が生長するためのエネルギーや、人間が利用するエネルギーのほとんどは太陽の光によってもたらされる。太陽も月も、そしてその他の天体も、大きな影響を地球に与えているのだ。

 生物は、原始地球上に存在する原子である水素、酸素、炭素、窒素などを選択的に取り込んだ。もし地球上にこのような原子が存在しなかったら、生命の誕生はありえなかっただろう。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1281文字/本文:1552文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次