読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
100
kiji
0
0
1157145
0
学校では教えない 徹底網羅! お金儲けのトリセツ
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
【常 識】ネットビジネスの利益モデルは7種類

『学校では教えない 徹底網羅! お金儲けのトリセツ』
[著]水野俊哉 [発行]PHP研究所


読了目安時間:12分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ネットビジネスには大きく分けて7種類ある。
1 ネットオークション
2 アフィリエイト
3 情報商材販売
4 セミナーモデル
5 広告モデル
6 有料会員制モデル
7 有料メルマガモデル


 もちろん実際に行われていることは前記の組み合わせやリアルビジネスモデルとの融合などで複雑化しているが、キャッシュポイントに着目すれば前記7モデル程度である。

 キャッシュポイントとは、私が常々、重視している用語で、「お金が発生する仕組み」とか「顧客を換金するポイント」と理解してほしい。

 水道に例えると蛇口のようなものである。どこから水を引いてきてもいいのだが、肝心の蛇口がないと水が飲めないように、キャッシュポイントのないビジネスは1円も儲からない。およそビジネスをとらえる場合には、出口であるキャッシュポイントをしっかり押さえることだ。

 では、それぞれのモデルで、どのようにキャッシュが生まれているのかを、ざっと見ていこう。

1 ネットオークション


 元手がない人が一番最初に始めやすいのはオークションモデルである。

 ブックオフなどの100円本の中からAmazonのマーケットプレイスで高値をつけている本を見つけてお小遣いを稼ぐ「せどり」という方法が有名だ。

 アイドルの写真集やCDなどでもかなりのプレミアがつくものがある。

 ただし、現在はブックオフのバーゲン日に明らかにお客さんではない人たちが開店と同時に並んでいたりするなど競争率は高まっているようだ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:5002文字/本文:5617文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次