読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1157560
0
ミュージシャンはなぜ糟糠の妻を捨てるのか?
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
九六年に3rdアルバムが初ミリオン

『ミュージシャンはなぜ糟糠の妻を捨てるのか?』
[著]細田昌志 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 結婚したのと同じ年の一九九三年、X JAPANのYOSHIKIの目に留まり、GLAYはYOSHIKIが設立したエクスタシーレコードと専属契約を結ぶ。翌年その傘下のレーベル、プラチナムレコードの所属第一号アーティストとして、YOSHIKIプロデュース『RAIN』でメジャーデビューをはたす。ここからGLAYの音楽活動は順調に動き始める。


 2ndシングル『真夏の扉』をリリース。初の全国ツアーも成功。3rdシングル『彼女のModern…』をリリース。この作品から、かつてBOØWYやTHE BLUE HEARTSを手掛けた音楽プロデューサー、佐久間正英との共同制作がスタートする。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1761文字/本文:2050文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次