読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1157576
0
ミュージシャンはなぜ糟糠の妻を捨てるのか?
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
妻はミスチルのメディア戦略仕掛け人

『ミュージシャンはなぜ糟糠の妻を捨てるのか?』
[著]細田昌志 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 高校卒業後、渋谷のライブハウス「ラ・ママ」などを本拠地にアマチュアバンドとして活動を続けた彼らのもとに、数々のレコード会社から誘いの手が伸びた。


 特に熱心だったのはEPICソニーだったが、バンドとしてではなく、ソロミュージシャンとしての桜井和寿が目的だった。「曲作りの才能」「伸びやかなボーカル」「甘いマスク」を思えば、ままある話なのだが、桜井はこれを一蹴して、トイズファクトリーと契約を結ぶ。EPICソニーと違ってバンドそのものとの契約を望んだからにほかならないのだが、実はこれもバンド名と同様、運命的な選択となる。詳しくは後述する。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1701文字/本文:1970文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次