読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1158138
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
オシントで米の原爆情報も

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ヒューミントだけではない。小野寺は、すでに公刊されている新聞や雑誌などの公開情報をもとに行間を読み解き、秘密情報を探り当てるオシント(オープン・ソース・インテリジェンス)も活用していた。

 枢軸国、連合国が交錯する北欧の中立国の都、ストックホルムに駐在した利点もあったことだろう。現地で発行されるスウェーデンの新聞のみならず、スウェーデン参謀本部情報部に協力者を得て、特別ルートで『ニューヨーク・タイムズ』や『タイム』『ニューズウィーク』などの米英の新聞、ニュース雑誌、さらに軍事技術を記した専門雑誌も検閲なく入手できた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:923文字/本文:1184文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次