読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1158144
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
死後四十五年目の昇進と「英雄」の顕彰碑

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 カサブランカはもともとジブラルタル海峡を挟むポルトガル人が作った街をフランスが占領し保護領として植民地支配していた。アフリカにあって西欧の香りが漂うのはそのためだ。第二次世界大戦でドイツ軍によってフランスが占領されたため、戦争当初は親独のヴィシー政権の支配下にあった。その頃に制作された映画『カサブランカ』は、「君の瞳に乾杯」の名セリフが印象的な、悲惨な戦争と悲恋が絡まる哀愁漂うラブロマンスである。同時に第三帝国とヴィシー政権を批判する反枢軸国のプロパガンダでもあった。その後、カサブランカは連合国軍の北アフリカ侵攻によって自由フランスに復帰。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1292文字/本文:1566文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次