読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1158147
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「英米に背いて、日本のために働く」

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 日本がポーランド情報部と、インテリジェンスで強くて深い密接な協力関係があったことはあまり知られていない。今回、ガノの顕彰にあたってポーランド外務省は、ポーランド情報部が協力関係を築いた国として日本の名前をあげなかった。それは同じ連合国だったイギリスやアメリカ、そしてロシアに配慮したためだろう。大戦中に交戦国だった枢軸側の日本と通じていたことは連合国の間では背信行為とも受け止められかねないからだ。だから現在も、公然とは日本と諜報で協力があったことを認められないのだろう。いうなれば「秘められた友情の協力関係だった」(ツィリル・コザチェフスキ駐日ポーランド大使)のかもしれない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2261文字/本文:2551文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次