読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1158153
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
英才教育を受けて「陸軍第一の赤軍通」の道へ

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 一方、インテリジェンス・オフィサーがヒューミントする場合、語学とともに要求されるのが対象となる国や地域の事情や文化、歴史に関する知識、学識である。元外務省主任分析官の佐藤優氏は、「ロシアならば、現地の義務教育で使われている国語、文学、数学、外国語、歴史の教科書を熟読し、基礎教育のレベルで対象国の人々と同じ知識を身につける必要がある」と説く。さらに地域専門家として、最低限、M.A.(修士)学位、できれば、Ph.D.(博士)学位を取得し、できれば、対象国のシンクタンクの客員研究員や難関大学の客員教授などの地位を持っていないと、高官とのアクセスは難しく、レベルの高い情報を得ることはできない、と断言する。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1806文字/本文:2109文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次