読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1158158
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「赤いベール」の内側を垣間見る貴重な機会

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 こうして小野寺が武官仲間と親密になった背景には、プライベートでも彼らと親しい交流を重ねたことがあったことは見逃せない。例えば、当時のリガでは武官の子供同士の誕生日パーティーがよく開かれていた。子供を通じて武官が家族ぐるみで交流を深めたのである。

 生後半年だった二男の竜二とともに三歳でリガに帯同した二女の節子は、誕生日パーティーで各国の武官の子供たちと遊んだことをよく覚えている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1031文字/本文:1222文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次