読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1158160
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
一九四四年に暗号書を盗まれ、日本陸軍暗号も解読される

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 余談になるが、イギリスのロンドン郊外ミルトンキーンズにあるブレッチリーパークを訪ね、イギリスに盗まれた日本陸軍の暗号書が展示されているのを見て衝撃を受けたことがある。第二次大戦期に政府通信本部の前身である政府暗号学校が置かれ、天才数学者、アラン・チューリングらが難攻不落といわれたナチス・ドイツの暗号「エニグマ」を解読したことで有名なブレッチリーパークは、イギリスがシギントを行なった本拠地だったが、現在、第二次世界大戦の暗号解読をテーマとした博物館となっている。

 筆者が訪問した二〇一三年五月は、館内の一角でイギリスのMI6が秘かに入手した日本陸軍の日本語とアルファベットで書かれた暗号書(乱数表)を誇らしげに展示していた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1615文字/本文:1929文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次