読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1158167
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
元共産党員から台湾人まで──梁山泊の小野寺機関

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 では、どのような人間が「小野寺機関」に集まったのだろうか。

 協力した二十人ほどの中に、軍人は一人もいなかったのが最大の特徴である。意外にも多かったのが共産党転向者だ。ロシア課は、中国共産党ひいてはコミンテルンが背景に控える中国(国民党)の実情を把握するには、共産主義、コミンテルンの視点が必要と考え、ソ連や中国共産党事情に詳しい転向者を起用したのだった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1155文字/本文:1333文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次