読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1158177
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ドイツの英本土侵攻はあるか、ないか?

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 シベリア鉄道でユーラシア大陸を横断し、ソ連の首都モスクワに着き、レニングラード(現サンクトペテルブルク)からフィンランドを経由してバルト海を渡り、北欧の都ストックホルムに到着したのは一九四一年一月二十七日のことだった。

 参謀本部からストックホルム陸軍武官を命じられたのは一九四〇年十月。辞令が下りてから赴任まで二カ月間もかかったのは、当時の日ソ間でビザ(査証)発給について、小野寺は「ロシア人で日本の査証をもらいたい者が三人できたとき、初めてそれで日本人一人にロシアの査証を出す──こういうルールがあった」(『偕行』一九八六年四月号「将軍は語る〈下〉」)からだったと語っている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1768文字/本文:2058文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次