読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1158181
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
イワノフ「棺桶」情報が最後の決め手

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ストックホルム武官室には、白系ロシア人と称する大柄の外国人、ペーター・イワノフという人物が出入りしていた。背が高く品がよく威厳を持ったこの男は、実はロシア人ではなくポーランド人であった。独ソの侵攻でロンドンに亡命を余儀なくされたポーランド参謀本部きっての大物インテリジェンス・オフィサー、ミハール・リビコフスキーである。満洲国パスポートを持った満洲生まれの白系ロシア人として武官室で通訳官兼主任として働き、小野寺に貴重な情報を提供していた。

 独ソ開戦をつかむ最後の決め手になったのは、リビコフスキーの情報だった。

 ベルリンで暗躍していたリビコフスキーの部下が(ベルリンの)満洲国(公使館)を通して、日本のクーリエ(外交特権の一種として税関などで確認されない外交行嚢(こうのう)を使用して運搬する外交伝書使)を使ってスウェーデンに有力情報をもたらした。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2400文字/本文:2776文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次