読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1158185
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
インテリジェンス・サイクル機能不全

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 武官会議後も、集まる情報はドイツの対ソ開戦必至のものばかりだった。小野寺はいっそう独ソ開戦に確信を深め、東京の参謀本部に何度も報告するが、それらは無視される。東京からは、「ベルリンからドイツは英本土上陸作戦を実行する意図であると報告してきているから、その実施時期を報告せよ」との命令ばかりだった。

 さらには、「貴官は英米の日独離間策に乗ぜられ……」との電報まで受け取った。小野寺が、リビコフスキーやマーシングらから得た情報をもとに、参謀本部宛に「ドイツは日本が考えている様に全面的に協力的ではない」「米英を相手に戦争を始めるな。絶対にしてはならない」「もし、日本が米英に対して戦端を開くとすれば、それはおそらくヨーロッパにおける“盟邦”ドイツの勝利を期待してのことに違いないが、それは誤った期待だ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1596文字/本文:1946文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次