読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1158186
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
小野寺の独立した協力者

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 小野寺のSSUの尋問調書によると、マーシングはアプヴェールに参加したものの、十カ月後の一九四二年四月に退職し、フィンランド軍との関係も絶ってストックホルムに戻った。以降、文民として終戦まで小野寺との関係を最優先にして、小野寺つまり日本のための独立した協力者となった。つまりマーシングは「再就職先」として、ドイツよりも小野寺(日本)を選んだのである。武官室に出入りするが、職員として勤めてはいない。しかし小野寺は、情報の謝礼として毎月、彼の家族に一〇〇〇から一五〇〇クローネ(当時の為替レートで一クローネ約一円なので現在の価値で一〇〇から一五〇万円)を届けた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1332文字/本文:1612文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次