読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1158199
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
クレーマーと小野寺はいかに情報を共有したか

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 週に一回か二回、当初は小野寺の事務所で、後にクレーマーの事務所で会い、小野寺から得た情報は、シェレンベルク局長に直接、報告されることがあった。リビコフスキーの件があってからシェレンベルクは小野寺に注目していたのだ。
「等価交換」が原則の情報の世界で、クレーマーは、自分が小野寺に与える情報より、小野寺から得る情報の質が高かったと証言している。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1278文字/本文:1449文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次