読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1158201
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
結果的に協力者となったドゴール派の情報士官

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 二人の協力は単なる情報交換に留まらず、やがて共同でインテリジェンスを行なうまでに発展する。フランスのガルニエ少佐は結果的に協力者となった。ノルマンディーに上陸した連合国軍がドイツ軍に一敗地にまみれた同年十二月のアルデンヌ(ベルギー、ルクセンブルク、フランスにまたがる森林地帯)の戦いで、貴重なオシント(公開情報諜報)情報を提供することになるからだ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1082文字/本文:1257文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次