読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1158204
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「ハンガリーは同じアジア人として日本を尊敬してくれた」

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 大戦末期に枢軸国連合で掴み、連合軍側に大きな衝撃を与えたアーネム情報にハンガリーの情報士官が関わっていたことに驚かれた方も少なくないだろう。ポルトガルで暗躍するハンガリーのフィリップのほかにも小野寺はハンガリー人諜者を利用していた。小野寺が一九四五年三月二十日付で桜井敬三駐マドリード陸軍武官宛に打った電報に出てくる。

「ハンガリー人のエージェント、コバッツ・ギュウラがポルトガルからマドリードに向かい、グランドホテルに投宿するので彼を訪ね、彼から諜報計画を聞いて報告してほしい」(英国立公文書館所蔵秘密文書、「HW35/89」)
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:548文字/本文:813文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次