読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1158211
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
リッベントロップ外相から小野寺への和平仲介要請

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ヤルタ会談から一カ月余りたった三月二十八日のことである。小野寺は突然、ベルリンの日本大使館に呼び出された。

 小野寺は空港からティアガルテン通りの日本大使館に向かうと、大島浩大使はじめ、河原一郎参事官、内田藤雄一等書記官、小松光彦陸軍武官、甲谷悦男補佐官が待ち構えていた。会議の冒頭、大島大使が切り出した。
「ドイツのリッベントロップ外相から、小野寺武官に要請が来ている。『一九三九年の秘密協定に戻すことでソ連と至急、休戦してドイツを救いたい。これをやるのは外相として政治家としての義務である。ついては、ストックホルム在勤のソ連公使マダム・コロンタイを通じて、モロトフと会談の斡旋をお願いしたい』とのことだ」
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1800文字/本文:2103文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次