読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1158212
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
バックチャンネル(裏ルート)の先駆け

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 大戦後、表の外交交渉で行なえない事案についてインテリジェンス・オフィサーを通じて調整することが一般的となった。小野寺らが終戦工作を行なったことは、その先駆けだった。

 冷戦時代、バックチャンネルが有効に機能して幾度かあった第三次大戦の危機を脱している。一九六二年十月、キューバ危機が発生した際、駐ワシントンのソ連大使館書記官だった国家保安委員会(KGB)のインテリジェンス・オフィサー、ゲオルギー・ボルシャコフが、ケネディ大統領とフルシチョフ書記長をつなぐバックチャンネルとして暗躍し、極秘に解決する糸口となった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:519文字/本文:776文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次