読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1158217
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
米軍暗号解読の成功につながった暗号機購入

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 総力戦となった第二次大戦は、情報戦の側面も持っていた。敵の通信を傍受して暗号解読により機密情報を得るシギントといわれる諜報活動が勝敗の鍵を握っていたともいえる。ブレッチリーパーク(政府暗号学校)が難攻不落といわれたナチス・ドイツの「エニグマ」を解読して得た「ウルトラ」情報によって、イギリスは大西洋の戦いを優位に進め、太平洋では日本海軍の暗号を解読したアメリカがミッドウェーで勝利し、山本五十六連合艦隊長官機を撃墜させた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:855文字/本文:1067文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次