読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1158221
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「日本中枢が共産主義者に降伏している」

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 当時の日本の中枢は、なにゆえ小野寺の警告情報を無視して不毛のソ連仲介和平工作に国運をかけたのだろうか──。この謎を解く機密文書が英国立公文書館にあった。スイスのベルンに駐在する中国国民政府の陸軍武官、Robert・Chitsun(中国名・斎)が一九四五年六月二十二日付で重慶に打った電報である。
「米国からの最高機密情報」として、

「国家を救うため、現在の日本政府の重要メンバーの多くが完全に日本の共産主義者たち(原文では日本共産党だが、日本共産党は党組織が壊滅していたため、日本に存在した共産主義者たちの地下ネットワーク、あるいはコミンテルン諜報網と訳す)に降伏している。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:718文字/本文:1004文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次