読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1158225
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ポーランド独立の英雄・ピウスツキ将軍と明石元二郎

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ポーランド側にも日本に接近する理由があった。十八世紀末にロシア、プロイセン(ドイツ)、オーストリアの大国に三分割され、世界地図から消えたポーランドに勇気を与えたのが日露戦争に勝利した日本だったのである。帝政ロシアを倒した東洋の日本はポーランドの独立運動を支援し、ポーランドの政治家も日本に心酔して、ロシア弱体化のために日本の助力を期待したのである。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1324文字/本文:1499文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次