読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1158227
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「日本人の親切を忘れない」──インテリジェンス分野での協力

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 日本がシベリアからポーランド孤児を救ったことをワルシャワの新聞も絶賛した。
「私たちは、日本人の親切を絶対に忘れてはならない。われらも彼らと同じように、『礼節』と『誇り』を大切にする民族だからだ」

 誠実なポーランド人の日本を視る眼は温かで、「偉大なる“サムライ”」──と、尊敬の念を寄せ続けた。孤児らは帰国後も日本への想いを育み、「極東青年会」「シベリア協会」を結成し、日本人への多大な感謝と好意を表する活動を続けたのである。

 そんなポーランドの人々の想いは時を置かずして、形となって表われる。

 孤児救出直後から、ポーランド軍は日本陸軍との協力関係をいっそう強固にする。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1502文字/本文:1787文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次