読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1158229
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
外交特権を切り札に、ポーランド諜報組織を守る

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 独ソ双方の情報を求めていた日本とポーランドが磁石のように結びつき、諜報協力が進んだのも当然の成り行きだった。

 考えてみていただきたい。白人国家が多いヨーロッパでは、東洋人である日本人が情報を集めることは容易ではなかった。

 日露戦争を背後から勝利に導いた明石元二郎は、帝政ロシアに異を唱えるボルシェビキのほかにスウェーデン、フィンランド、ポーランドの革命家と気脈を通じて反体制運動を扇動した。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1079文字/本文:1275文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次