読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1158232
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ポーランド軍が用意したゴム印と偽造ビザ

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 エヴァ・パワシュ=ルトコフスカ、アンジェイ・T・ロメル著『日本・ポーランド関係史』は、ヤクビャニェツと同僚だったダシュキェヴィチが戦後に書いた報告書を掲載している。これを読めば、「命のビザ」を大量発給したゴム印と偽造ビザはポーランド情報士官が用意したものだったことがわかる。

「私は、ソ連領内からの情報を(杉原)日本領事に提供するほかに、(ユダヤ系難民のための)日本の通過ビザ発給の決定に関する回答を領事から受け取ることになっていた」


 四〇年七月末、杉原は外務省の許可なしにビザを出し始める。ソ連がリトアニアを併合すると、やむをえず領事館を閉鎖して、九月一日にベルリンへ退去した。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1821文字/本文:2111文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次