読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1158239
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
届けられた世紀のスクープ

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 会談が終わった直後の二月半ば。午後八時から始まる夕食前だった。アパート五階にある小野寺の自宅郵便受けに物音がした。手紙の差出人はストックホルム駐在ポーランド武官、ブルジェスクウィンスキーだった。

 手紙の封を開いた小野寺は驚愕した。それは日本の敗北を決定づける不吉な報せ──すなわち「ヤルタ密約」の情報だった。
「ソ連はドイツの降伏より、三カ月を準備期間として、対日参戦する」

 危惧していた最悪の事態が起きた。あのスターリンがついに日本に刃を向けてくることを正式に表明したのだ。当時有効だった日ソ中立条約を侵犯して参戦するのは日本を裏切る驚天動地の行為であり、ソ連に領土を奪われ、祖国が世界地図から消える危険さえ孕んでいた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1274文字/本文:1585文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次