読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1158240
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
わが友である日本には、自分たちのような悲劇に陥らないでほしい

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ヤルタ密約を小野寺に伝えたのは、誰だったのだろうか──。

 巣鴨拘置所でSSUが行なった小野寺の尋問調書にヒントがあった。尋問では、小野寺は、機密情報を提供してくれたリビコフスキーらポーランド亡命政府に配慮して、さすがにヤルタ密約の情報を彼らから得たとはストレートに語っていない。しかし、次のように答えていた。

「ロンドンの亡命政府参謀本部情報部長のガノから、『ソ連が対日参戦することを決め、ソ連軍が極東シベリアに移動している』との警告を受けた」

「ソ連が対日参戦を決めた」とガノから警告を受けたというのだ。情報提供ではなく「警告」と回顧している点に着目していただきたい。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1782文字/本文:2066文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次