読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1158241
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「偽情報が多かった」という発言の真意

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ポーランド参謀本部から提供された公式情報は極めて質の高いものだった。しかし、巣鴨拘置所の尋問では、小野寺は「すべてそれはドイツ向けの偽情報だった」と答えている。連合軍の機密情報を提供したリビコフスキーらポーランド参謀本部が連合国内で不利益を被ることを恐れたためであった。

 巣鴨で尋問が始まった一九四六年三月当時、ロンドンのポーランド亡命政府は戦勝国の一員でありながら立場は微妙だった。英米から国家承認を失い、祖国にはソ連の傀儡であるルブリン共産政権が成立して行き場を失っていた。小野寺はリビコフスキーらの立場を案じて、ポーランド亡命政府から重要な機密情報を得ていた事実を全ては明らかにできなかったのである。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1243文字/本文:1547文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次