読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1158245
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
須磨電報は観測情報だった

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 林が見たという須磨電報は本当にヤルタでソ連が参戦を決めたことを伝えていたのだろうか。ロンドンの英国立公文書館で探すと、ブレッチリーパーク(政府暗号解読学校、現在の政府通信本部)が傍受解読した外交電報のHW12/309のファイルの中に、ヤルタ会談直後の一九四五年二月十六日にマドリードから須磨公使が東京の外務相宛に送った電報の解読文書があった。時期からすると、林が釈明した「須磨電報」とは、この電報のことだろう。


 機密文書「ウルトラ」には「クリミア会議 駐マドリード日本公使の諸見解」というタイトルが付けられている。「FACTS(諸事実)」ではなく「VIEWS(諸見解あるいは諸意見)」である。タイトルだけ見ても、ヤルタで対日参戦が密約されたという事実を伝えたものではないことがわかる。本文を読めば、須磨公使が東京に伝えたのは、観測情報にすぎないことが一目瞭然だ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3150文字/本文:3532文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次