読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1158248
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
掴んだものの握りつぶされた? アメリカの原爆情報

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 また小野寺は懇意になったスウェーデン参謀本部情報部のピーターセン少佐らを通じて、特別に『タイム』などの英米のニュース雑誌のほか、航空機など軍事技術に関する専門雑誌も入手していた。

 日本軍が真珠湾を攻撃すると、小野寺は戦いの前途を案じて、軍の嘱託としてスウェーデンに配属された四人の商社マンを使って連合軍の総合戦力の調査、分析を行なった。三人は陸軍武官室に嘱託としてベルリンから配属された三井船舶の本間次郎、三井物産の佐藤吉之助、三菱商事の井上陽一であった。英米の新聞、雑誌を翻訳して、連合軍の戦力情報を分析していた。こうした公開情報は、同盟通信を通じて、新聞電報として東京に送られ、内閣情報部に提供された。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2161文字/本文:2465文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次