読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1158254
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
悔やまれる岡本公使の「妨害」

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 扇は阿部勝雄中将以下、十数名とともにスウェーデンに移ることになった。

 ところが、スウェーデン政府が入国を認めず、ビザがなかなか出なかった。海軍の臨時武官の三品中佐と結託した公使館の岡本公使が反対して、積極的に支援しなかったためだ。


 三品中佐は臨時武官にすぎなかった。ところが岡本公使は、扇大佐の入国が三品中佐の武官更迭につながるとの理由で、スウェーデン外務省にビザ発給の斡旋の労を取らなかった。さらに小野寺らが和平交渉をたくらみ、小島中将以下が公使館乗っ取りの策謀を企てていると邪推したのだった。

 そのあおりで扇は、駐スウェーデン海軍武官として任命されながらスウェーデンに入国できず、ドイツが降伏する五月上旬までコペンハーゲンで待機を余儀なくされた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1547文字/本文:1873文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次