読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1158255
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
プリンス・カールからの提案

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ストックホルム市内のリネガータンにある日本陸武官事務所にプリンス・カール・ベルナドッテが仲介者のスタンダード石油会社スウェーデン総代理店支配人、エリック・エリクソンとともに小野寺を訪ねてきたのは、ナチス・ドイツが降伏した翌五月九日のことだった。

 カール・ベルナドッテは、当時のスウェーデン国王グスタフ五世の甥で、故ベルギー女王アストッドの兄弟にあたり、父親はスウェーデン赤十字社の総裁を務めていた。王室では皇太子に次ぐ重要メンバーだった。だが、平民と結婚したプリンス・カールは、王族の称号も王位継承権も失っていた。しかし、国王は、甥のプリンス・カールを愛され、よくお手許に招かれていた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1285文字/本文:1579文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次