読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1158257
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「オーソリティーの手に移されたから、よい結果が期待できます」

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 約束の五月十六日、小野寺が留守中に、エリクソンが武官事務所兼自宅を訪れ、百合子夫人に伝えた。
「マダム、例の件は首尾よしです。オーソリティーの手に移されたから、必ずよい結果が期待できます」

 戦後判明したところによると、OSSのエージェントだったエリクソンは、小野寺とのやりとりを全て在ストックホルム米国公使のジョンソンに報告していた。この記録がアメリカ国立公文書館に残されている。五月十一日発でジョンソンからワシントンのステチニアス国務長官に送った報告電報は次の通りだった。

「公使館の要請により、公使館の関係筋(エリクソン)が五月七日の晩、小野寺少将、本間らと会談した。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2211文字/本文:2496文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次