読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1158267
0
「諜報の神様」と呼ばれた男
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
著者略歴

『「諜報の神様」と呼ばれた男』
[著]岡部伸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:1分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

岡部 伸(おかべ のぶる)
1959年、愛媛県生まれ。1981年、立教大学社会学部社会学科を卒業。同年、産経新聞社に入社。東京本社社会部記者として警視庁、国税庁などを担当後、米デューク大学、米コロンビア大学国際関係大学院東アジア研究所に客員研究員として留学。米グランド・フォークス・ヘラルド紙客員記者、外信部を経て1997年から2000年までモスクワ支局長として北方領土問題などを現地で取材。社会部次長、社会部編集委員などを務め、現在は、東京本社編集局編集委員。著書『消えたヤルタ密約緊急電──情報士官・小野寺信の孤独な戦い』(新潮社)で、第22回山本七平賞を受賞。共著に『貶める韓国 脅す中国』(産経新聞出版)がある。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:309文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次