読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1158998
0
会社を救う後継者・滅ぼす後継者
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
異例の出世を続けた理由

『会社を救う後継者・滅ぼす後継者』
[著]梶原一明 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 一九七八年三月――。カルロス・ゴーンに運命的な日が訪れた。エコール・デ・ミーヌの卒業間近のときだった。

 フランスの多くの学生と同じように、夜行性の染みついたカルロスにとっては早朝である八時半、アパートの電話のベルがけたたましく鳴った。その電話はフランスの世界的なタイヤメーカーのミシュラン社からだった。

 ありていにいって、ミシュラン社からのスカウトだったのである。

 当時、ミシュラン社はブラジルで二つの新鋭工場を建設中だった。なにせブラジルはゴムの木の原産地であり、ゴム工業発祥の地である。したがってミシュランは古くからブラジルでプランテーション(ゴム農園)を経営し、超有名な一流企業として聞こえていた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1575文字/本文:1878文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次