読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1159003
0
会社を救う後継者・滅ぼす後継者
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
トヨタと三井グループの関係

『会社を救う後継者・滅ぼす後継者』
[著]梶原一明 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 そもそもトヨタの源流は、発明王・豊田佐吉に発することは広く知られている。浜松在の大工、豊田佐吉は、刻苦勉励の末、世界で初めての画期的な自動織機を発明した。

 日本の国威を発揚した豊田佐吉の発明物語は、戦前の小学校の修身の教科書にも載るほどで、その国民的知名度は野口英世博士に並んでいた。

 豊田佐吉の成功によって、豊田自動織機製作所は、当時の代表的なベンチャー企業として名を馳せた。ために大正から昭和初期にかけて、豊田家は愛知県で有力な地方財閥の地歩を固めるのである。

 豊田佐吉をトヨタ・グループの初代とするなら、その唯一の男子、豊田喜一郎が二代目ということになる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1311文字/本文:1593文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次