読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1159069
0
斎藤一人 福の神がついてる人 貧乏神がついてる人
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
魂が分離するとき

『斎藤一人 福の神がついてる人 貧乏神がついてる人』
[著]舛岡はなゑ [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 人間の魂は分離することがあるんだよ──。


 非情な悲しみ、つらいこと、衝撃的な出来事に遭遇すると、人間は自分を守るために魂を分離させる。
「分離させる」とは、自分のなかで別の人格を勝手につくること。

 それによって、自分には耐えられないような心の重荷を、その別の人格の人にしょってもらう。


 いいかい、はなゑちゃん。

 たとえば、小さいとき、親やなんかがいつも自分のことを、こっぴどく怒る、あるいは虐待する。それがもう自分には耐えられない、ってなったとき、そういうのをマトモに受けてると、そのままだと精神破たん起こしちゃうんだよ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1550文字/本文:1811文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次