読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1159078
0
斎藤一人 福の神がついてる人 貧乏神がついてる人
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
自分を愛すること

『斎藤一人 福の神がついてる人 貧乏神がついてる人』
[著]舛岡はなゑ [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 われは神なり、愛と光なり。

 人って誰でも、自分の心の奥の奥に神がいる。

 神からもらった針の先程の光があるの。

 それを分霊(わけみたま)といったり、魂といったり。それから、真我(しんが)という人もいる。

 真我、真のわれ。わかるかい? はなゑちゃん。

 人って本当はみんな、神の愛と光でできてる。だから、神の分身なんだよ。


 誰かに何か嫌なことをいわれたり、されたとき、「あの人、ゼッタイ、ゆるせない」と思ってしまう方がいます。
「思っちゃいけない」って、いおうとしてるんじゃないですよ。

 よくないのは、あなたが「ゆるせない」と思ってしまうようなことをする、その行為がよくないのであって。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1404文字/本文:1694文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次