読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1159227
0
日本の総理学
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
日本に健全なナショナリズムを

『日本の総理学』
[著]中曽根康弘 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 建白書には、「講和条約を通じて完全なる独立と国際的に対等な地位を与えること」をはじめ、「領土の帰属は人民投票で確定する」、「日本の政治・防衛方法については講和条約で制限せずに日本国民の自由意思に任せる」、「国連加盟までは集団安全保障体制を確立し日本の安全を保障する」、「独立後の日本に航空機および原子力の平和探究の製造保有を禁止しない」――など、その理由とともに具体的に提言しています。

 マッカーサー総司令部は、軍国主義復活の芽を徹底してつぶそうとし、その中核を形成した過激な国家主義に対する警戒心を緩めませんでした。しかし、私は健全なナショナリズム、その基盤となる愛国心こそ戦後の復興に不可欠なものと考えていました。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1285文字/本文:1595文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次