読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1159252
0
日本の総理学
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「非常事態条項」「政党条項」を新設

『日本の総理学』
[著]中曽根康弘 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ところで、どこの国の憲法にも、非常事態宣言による行政措置は明文化されているのですが、わが国の憲法には、非常事態に対する措置や危機管理の条文がありません。明治憲法では、第三一条に《戦時又ハ国家事変ノ場合ニ於テ天皇大権ノ施行ヲ妨クルコトナシ》として「非常大権」を盛り込んでいました。現憲法に明記されなかったのは、「非常事態はこちらで対処する」というマッカーサー総司令部の間接的な意思表示だったのです。

 新たにつくる憲法では、非常事態における首相の権限を決め、事後には国会に報告し、承認を求めることを明記すべきです。

 非常事態は何も戦争のときだけとは限りません。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1928文字/本文:2207文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次